介護 融資

そもそも介護サービスの融資とは何か

老人人口の増加に伴って国が後押ししていることもあり、介護事業は盛況となっています。しかし、介護事業を立ち上げようと考えている方が事業所を立ち上げるのに十分な資金を持ち合わせているケースはそれほど多くはありません。そのため、介護事業を立ち上げる際に創業融資を受けるというケースが多くなっています。融資は一般的に銀行から受けるものですが、これまで実績を持たない個人事業主が銀行から融資を受けることはほぼ無理なのが現状です。個人が始めた会社が10年後も継続しているのは数%という現状から見れば、銀行の貸し渋りも理解できます。しかし、それでは新たな事業が発展することは望めないため、国が個人や創業したばかりの事業主に資金を調達するために設けられた制度が創業融資という制度です。

介護に関する融資にはどのようなものがあるか

現在、介護に関する融資には大きく分けて3つの種類があります。日本政策金融公庫という国の金融機関が行う新企業育成貸付制度、事業を開始して間もない方のために、無担保、保証人なしで融資を行う新創業融資制度、そして民間の銀行からの融資です。新企業育成貸付制度は、現在勤めている企業と同じ業種の業務を始める方が対象です。同じ企業で6年以上勤めており、同じ業種で6年以上勤めている方、大学で得た資格に関係している職種に2年以上ついており、それと同様の業種で新規事業を始める方などの条件があります。新創業融資制度は、自己資金を創業資金の10分の1以上用意でき、現在勤めている業種と同じ業種で新規事業を立ち上げる方などの条件があります。民間の銀行の場合は、自己資金が少ないと融資を受けにくいです。

介護事業に関する融資を受けるために必要なこと

介護事業を始めたい人にとって融資が受けられるか否かは自己資金のあるなしが大きく関わります。自己資金があれば、介護事業を始めたいという思いの形として信頼を得ることもできます。自己資金は多ければ多いほど融資してもらいやすくなり、少ないと融資をしてもらうのは難しくなります。自己資金があまりたくさん準備できないが開業したいという場合は、事業を始める強みを持つことです。介護事業は民間企業も多数参戦してきているため、事業所が増えすぎている傾向にあります。その中で、自分の事業所が持っている強みや他にひけを取らないだけのものがあれば、融資を検討する際にプラスの方向に働きます。事業所の創意工夫も融資を決定する上での考慮事項となり、利率などにも関わってくる重要事項であることを忘れてはいけません。

運転資金だけでなく、様々な資金使途に対応! ドクターなら無担保・無保証のドクタープレミアム1000。 手数料・違約金は頂きません。 ファミリーマートが入っているビルの5階です。 3.80~14.80%の低金利でご案内いたします。 調剤薬局経営者様と多数のお取引がございます。 さまざまな経済環境の変化にも常に変わらぬ姿勢で皆様の資金需要にお応えして参りました。 介護に関する融資に関するお悩みはTOMIN審判へご相談ください