介護サービスに融資が必要な理由を解説します

現在我が国日本では、高齢化に伴い介護を必要とする人が増えています。そこで、介護サービス事業を起こす方が増えているのも現実です。しかしながら、事業を起こすにも資金が必要となります。開業申請をし、直ぐにオープン出来る訳ではありません。ある程度の期間待たなくてはなりません。もちろんその間は収入などなく、人件費や準備資金等の支出が発生します。又、オープンしてから軌道に乗るまで最低6ヶ月程の運転資金が必要となります。その為、融資は欠かせなくなります。当初、自己資金で運営して、お金が回らなくなり資金繰りに困った時点で創業融資を受けることは大変困難なのです。しかし、創業融資は基本的に無担保無保証で融資を受ける事が出来ます。この様に企業を起ち上げたい人を国が支援する制度があるので利用すると良いでしょう。

介護サービスが融資を受け易い理由と困難な理由

人口が増加している昨今、介護サービス事業を起こすに当たり融資を受ける際以下の要素が重要となります。1つ目は時代背景、2つ目は市場規模です。これら2つの項目は今の日本の状況に十分当てはまります。しかし、これだけでは融資は受けられません。次に挙げる2つの項目は注意しなければなりません。3つ目は競合と強みです。介護サービスのみの企業ではなく他の事業からの参入も増えてきている為、他にはない強みを持つことが大切になってきます。他の介護サービスとは違う強みや差別化を図ることです。4つ目は創業動機です。何故この事業を立ち上げようとしているのか。時代背景だけでなく明確にしっかりとした概念を持った理由が必要とされます。以上の4つの点に注意し、融資を受ける際しっかりとした準備が必要です。

介護サービスに関して融資を受ける際に準備すること

介護サービス事業に関して融資を受ける際、準備をしっかりしていないと受ける事が困難となります。したがってしっかりとした計画を立てることが大切です。介護サービスと言っても様々な業種があります。業種によって専門スタッフが何名要るのか。その為の設備や施設、備品に人件費などです。どの様な場合でも介護保険の適用事業となる為、開業時に用意する設備が法令で定められており、審査基準を満たしていなければなりません。又、それぞれの介護認定士や経験者等の労働者率なども調べ人員基準も満たさなくてはなりません。介護保険適用のメイン事業で開業するのであれば法人でないと認められません。法人として開業する際にどの様な書類や資金が必要なのかも事前に調べておきましょう。オープンするに当たり宣伝費も必要な為、融資を受ける際忘れず計上する事です。スムーズに融資が受けられる様、必要経費や動機、人事確保をしっかりしておく事が大切です。