介護サービス事業を始める方向けの融資の受け方

高齢化社会が進む現代で、末永く生き残っていける会社の一つが介護サービスを行うところです。高齢化が進めば進むほど、介護サービスの重要性が高まってくると言えます。これから資格を取って介護の仕事をしようと考えている方は、将来的に自分がどの立ち位置で仕事をしたいかということを考えておくと良いです。一生、雇われのまま仕事をしていくか自分で介護サービス付きの老人ホームなどをはじめるかなど、その考え方には何通りものパターンがあります。もし将来は、自分で介護サービス付きの老人ホームやケア施設を行いたいと思っているなら、早い段階からの準備が必要と言えます。準備にもさまざまなものがありますが、まずは資金の調達からです。資金が無ければ何も始められません。資産がある方は問題無いですが、融資を受ける場合の進め方などは事前に下調べが大切と言えます。

介護サービスの融資を受けて始めよう

介護サービスがこれから先、とても大切な責任を担う業態であることは間違いないですが、だからと言って、誰でも融資を簡単に受けられるということはありません。融資を受けるためには事前にある程度、下調べをしておくように心がけることが大切です。自分が介護現場で長年働いていたとしても、いざ介護サービスを自分で開業するとなった場合は、何らかの事業に携わったことが無い人には、とても難しい問題と言えます。介護の開業資金で受けられる融資の制度には、日本政策金融公庫が行っている創業融資制度と、担保や保証人が無い人に向けた新創業融資制度とがあります。前者の創業融資制度の場合には担保や保証人が必要となっている制度です。自分がどちらから融資を受けるのかは、担保になりうる財産があり保証人を頼める方がいるかどうかで変わってきます。

他にもさまざまな介護の融資制度があります

介護サービスを開業する際の融資制度には、他にも様々なものがあります。NPO法人の方には、ソーシャルビジネス支援資金という制度もありますので、そちらがおすすめです。こちらの制度は、この制度を利用することができる条件を満たした人であれば、必要な分の設備資金と運転資金を借りることができます。上限としては、7200万円という額になりますが、かなり多くの金額を借りることができるわけです。返済期間は設備資金と運転資金で違いがありますので、計画を立てる際にはその年数で返せる額の計算をしておくことが必要となります。他には、信用保証協会を利用した融資制度があります。開業する予定の市町村のホームページに詳細が載っていますが、地域の金融機関が貸してくれるようになっている制度です。こういった地方銀行の力を借りてその土地で開業するという選択肢としてはとても良いと言えます。